雨漏り修理[防水層に影響を及ぼすDIY]>新宿区

先日の台風のあとからバルコニーの水はけが悪くなり、
バルコニーの隅に水たまりができて心配だと、
新宿にお住まいのお客様よりご相談いただきました。
調査してみるとバルコニーの床に敷いてある人工芝の一部分が強風によって剥がされ、
破片が排水口へ流れ出して詰まりを起こしていました。
さらに接着剤で固定した人工芝が床に張り付いて、
防水層に影響を及ぼし浸水してしまったのです。

729

近頃ではホームセンターや園芸店でもDIYの道具が充実しているので、
家庭菜園やプチガーデン、すのこや人工芝を敷き詰めるなど、
バルコニーを手軽にイメージチェンジさせられます。
しかし長年使っていると、すのこはカビが発生して雨水によって腐り、
人工芝は髪の毛や土が入り込み、水はけが悪くなります。

トップコートを施してあるバルコニーの床の上に人工物を敷くと、
その間の摩擦によるダメージが懸念されます。
「台風の前にベンチやテーブルは室内に入れたのですが、
床に敷いた人工芝までは気が回りませんでした」と驚かれていました。
人工芝などは固定しないと強風で飛んでしまうので、
剥がした時にバルコニーの床にダメージを与えてしまう時があります。
無理矢理に剥がさずに、一度ご相談ください。
日頃のお掃除と定期的なメンテナンスが大切です。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。