台風でも保育士は出勤しないといけない?!『保土ヶ谷区』災害に強い家作りに向けて、屋根点検から取り組みましょう。

まずは屋根点検、屋根修理、屋根塗装

千葉県を中心に大きな被害をもたらしている台風15号。9日に関東に接近する予報を受け、
多くの小中学校で休校を決めるなどの対策を講じましたが、保育園の多くは通常通りに開園しました。
保育園の休園基準はどうなっているのでしょうか?

災害時の対応に関して、小中高では、学校教育法施行規則で、好調の判断で臨時に休校できることが
定められおり、休校基準を設けている自治体もある一方で、保育所に関しては、実は臨時休園に関する
法律がなく、国の指針もない状態なんです。自治体でも対応方法はそれぞれで、今回の台風でも、
港区では通常通り開園しましたが、千葉市ではJRが首都圏の在来線の運転見合わせを決めたことで
一斉休園にしました。千葉市では昨年からルール作りに着手し、午前6時の時点で特別警報などが
発令された場合は休園にすることを市と認可保育園の間で取り決めしていました。
千葉市のように、どういう条件なら臨時休園するのか、基準を事前に決めておけば、保護者も
準備ができるので、他の自治体でも、早いうちに保育所の休園に関しての指針を作り、ルール作りを
してほしいですね。

災害対策してますか?
屋根は目に見えない部分のため気づきにくいのですが、 四六時中、 自然環境に さらされており、
ダメージを受けやすいところです。 知らぬ間に損傷していることも。。
弊社では屋根調査にドローンを活用しているため、 ドローン画像で 一緒に 確認しながら
今後の補修計画を立てられます。 屋根がメンテナンスされて いないと、 台風や梅雨で 被害が
拡大し、 それからの 修理だと 大がかりな 修理になってしまいます。
気になる方は早いうちに屋根調査し悪いところがないか調べてみませんか。