屋根修理[L字型屋根の雨漏り]>新宿区

屋根はシンプルに、必要のない物は付けないというのが理想的ですが、
旗竿地のような場合は屋根をL字型にせざるをえません。
その土地の形によって、建物や屋根の形が複雑になってしまうのは仕方ない事ですが、
複雑な屋根の谷部分には落ち葉やゴミもたまりやすいのです。

屋根の形にも色々あります。
切妻とはシンプルな三角屋根。
寄棟とは4面に傾斜がある屋根。
方形とは4方面に同じ角度で傾斜した屋根。
片流れとは片方だけ傾斜した屋根。
陸屋根とは屋上がある真っ平らな屋根。
屋根の形で建物の印象が変わるので、近頃は個性的な形状も増えています。
しかし形状が複雑になればなるほど
雨漏りのリスクも高くなる事を考えなければなりません。

684_DSCN1332

先日、新宿の雨漏り現場に調査に伺いましたが
こちらの住宅も旗竿地に建っているため、屋根もL字型をしているのですが、
今回雨漏りしたのはL字屋根の谷部分からでした。
その形状から雨水が集中してしまうので、今後もメンテナンスが大切になります。

★ドローンによる屋根調査のご相談もご好評いただいております。
雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP