煙突の雨漏り修理 -2- (杉並区)

昨日のブログの続きになります。
今回の事例では、排気トップの一部分を外してみたところ、ガラリから侵入した水が排気トップ
内の板金の底面にたまっていました。水たまりの状態になったままで、外に流れ出る様子は
ありませんでいsた。
排気トップと板金の取り合いや、排気トップと外壁の取り合いを確認しましたが、いずれにも
雨水を排出する穴のようなものは開いていませんでした。
排気トップと外壁の取り合い部分は、排気トップの司法の隙間を塞ぐようにシーリング材で
塞がれていました。これでは雨水の逃げ場がありません。
このように排気トップ内に侵入した雨水の逃げ場がない納まりは、雨漏りのリスクが高くなります。
この現場では、たまった雨水が煙突のダクトと板金の取り合いに生じた隙間から室内へ侵入して
いました。
なお、煙突のダクトを外壁で囲うタイプの場合、屋根と外壁の取り合いは、一般的な屋根と壁の
取り合いと同様に十分な注意を払う必要があります。防水紙を立ち上げる高さの確認や
先張り施工など、念入りンば雨仕舞を心がけるべきです。
ダクトを外壁で囲う煙突の場合、排気トップのガラリから侵入した雨水は、排気トップ内の
板金の底面にたまる可能性が高いです。

煙突2
侵入した雨水を外に排出するような仕組みがある部材を使うことで、雨漏りのリスクを軽減できます。
中心から外側に向かって傾斜がつけられた板金の上に円錐台上の金物をダクトに被せる部材を
使用しました。こうしておけば、ガラリから雨水が浸入しても、水が排気トップ内に
滞留しにくい状態を保つことができます。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評実施中です。

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP