施工ミスによる雨漏り修理 -1- (杉並区)

杉並区のS様のお宅は、築12年の木造軸組み2階建てです。雨漏りの連絡をうけて
伺ってきました。サッシ周辺のサイディングを剥がしてみると、周辺の木材は
湿気で黒ずんでいました。透湿防水シートの裏面には木部に生じたアクがしみ込み、
シートはかなり膨潤していました。
袋入りのガラスウールの断熱材も、袋が傷んでぼろぼろの状態でした。幸い、木部が
腐り落ちたり、シロアリの被害を受けたりはしていませんでしたが、壁内は見るも無残な
状況でした。断熱材の交換や木部の補強、透湿防水シートの張替え、サイディングの交換など、
補修作業は大規模になりました。
劣化していた状況から推測すると、完成後それほど時間がたたない頃からすでに雨水が
壁内に侵入していたと考えられます、雨水は木部に徐々にしみ込み、やがて室内に雨漏り
となって現れました。
雨漏りの原因は主に2つあります。1つは、サイディングやシーリングの劣化などで生じた隙間です。
そして、サッシのフィンと両面粘着性の防水テープ、透湿防水シートが一体化できていなかった
という施工ミスです。
この事例のような施工ミスは起きがちなのです。特に、フィンとテープとシートを一体化させる
雨仕舞がおざなりになりやすいのです。例えば、フィンに両面粘着性の防水テープを貼りつけ
一体化させるため、へらやローラーなどの道具を使ってしわが残らないように圧着するのが
理想的です。明日に続きます。

0525_3

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

ドローンによる屋根点検も好評実施中です。

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP