梅雨前に 雨漏り被害の応急処置をお伝え 目黒区T様

春の訪れは早かったものの、肌寒いGWのはじまりとなった今年。
自然災害への備えには昨年と変わらず多くの方が興味を持って取り組んでいるようです。
ご自宅の不具合を発見された方や、念のため梅雨や台風に今からに備えておきたいという方など、
お問い合わせを多くいただいています。
目黒区のT様からもお電話をいただきました。
今の所大丈夫ですが、もし、突然の雨漏りがあったら、その時どうすれば良いのでしょうか。と。
自然災害はいつどこに起こるか、またどれくらいの影響を受けるか、日々予想もつきません。
とりえず応急処置方だけでも自分で知っておいたほうが。。。こんな風に考える方も少なくないのでは
ないでしょうか。

しかし、たとえ応急処置であっても、その方法が適していなければ
被害が広がりさらに修理費用が高くなることに招いてしまったり。ということがあるのです。
そして、実際の台風時など、業者に電話しても混んでいて通じないのでは、と思ってしまうかもしれません。
実は実際に業者に問い合わせが集中するのは。台風の通過の数日後の週末が殆どです。なのでもし気になること
がある場合は、気象情報を確認後、先に点検をしてもらうのが1番と言えます。
そうすればその後、たとえ雨漏りがあったとしても、原因や処置方法の判断で間違いは起こらないからです。
そうは言っても、我が家は信頼ある工務店で建てたし、雨漏りが起こるはずはない。。。でしょう。
しかし万が一、天井から突然の雨漏りで自分で応急処置せざるを得ない時は、

まずは室内が濡れるのを防いでください。
バケツやブルーシートを敷いたり、糸を垂らした釘を天井に刺すなどして、糸の先端から水が伝ってバケツで
受け止めるなどして、水の飛び散りやシミを防ぐこともできます。しかし非常に危険なのが屋根に上ることです。
2階建ての場合、屋根の高さは6〜8mにもなります。万一落下すると人生そのものまで台無しになってしまう
恐れがあるからです。
コーキング剤はホームセンター等で簡単に購入できますが、適切でない箇所にコーキングを施すと帰って雨漏りの
原因になったり、水の道を塞いでしまい、新たな被害を生んでしまう場合があるのです。
よって、日常の点検が何よりですが、たとえ応急処置であっても屋根の仕組みを熟知した、プロに任せていただく
ことをお願いしたいのです。

お困りのこと、気がついたことがありましたら、気軽にまずはお知らせくださいね。

雨漏り被害の応急処置をお伝え

現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。