目には見えない雨漏りの被害【豊島区】

天井から雫が落ちてくればさすがに屋根修理業者を呼ぶけれど、天井に雨染みができたくらいではまだまだ大丈夫なんじゃない?と考える方も意外と少なくありません。まだその程度では、直接的な被害は起きていないと考えてしまいがちです。

547

しかしこれは、大きな間違いです。

 

雨漏りによる家屋や住人の体調へのダメージは、目には見えない形で少しずつ始まっています。

 

先ほど例に挙げた天井の雨染み、見えるところは確かに被害は少ないですが、天井裏はびっしりとカビで覆われているかもしれません。

 

そのまま放っておくと、やがて家具の裏が湿って、家具の中身まで全て汚染されてしまう可能性があります。被害額は大したことがなくても、家族の大切な思い出の詰まったアルバムや着物などがダメになってしまったら、取り返しがつきません。

 

目に見えるところに雨漏りの形跡を見つけたら、自分の目には見えないところでもっと大きな雨漏りが進行している可能性を疑って、すぐに屋根修理業者を呼びましょう。

 

また、雨漏りは天井にだけ起きるものではなく、壁や窓枠から起きることもあります。この場合も、壁や窓枠に形跡を見つけたら、壁の裏でもっと大きな雨漏りが進行しているかもしれません。小さな雨染みでも、発見した段階で速やかに対応することが重要です。

 

また、雨漏りは人体へも影響を及ぼします。

 

雨染みは乾いて薄く目立たなくなるかもしれません。しかし、その裏で進行している屋根裏の雨漏り被害では、カビが発生しているかもしれません。

 

カビがどんどん繁殖していくと、その家屋で暮らしている人が感染症やアレルギーの症状を引き起こす可能性があります。

咳や頭痛など、慢性的な症状があったり、それが野外へ出ると改善されるということがあったら、シックハウス症候群かもしれません。

 

まずは、長年豊島区の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。