サッシ周りの雨漏り修理(杉並区)

新緑がまぶしい季節になりましたね。杉並区のJ様から連絡があり、
バルコニー床の外壁立ち上がり部から雨水が侵入し、2階の床が湿るという現象があったとのこと。

湿った床

調べてみますと、バルコニー床から外壁の立ち上がり部までFRP防水がなされていたのですが、
サッシ枠とFRP防水層の取り合い部に施工不良があり、雨水が侵入
する原因となっていました。バルコニー床からサッシ下枠までの間隔が
非常に短く、外壁の立ち上がり部にFRP防水を施すのが困難であったのだと
推測しました。FRPがアルミサッシ下枠から剥離した箇所もありました。
そもそもアルミ表面塗膜にFRPは接着できません。そのため、FRP硬化後
に開閉振動などが加わると、FRPは容易に剥離してしまうのです。施工中
などは一時的にサッシと接着して防水施工が完成しているように見え
るのですが、サッシ下枠との接触部で防水層は損なわれており、雨水
侵入トラブルのもとになりやすいので、注意が必要です。
J様の場合は、ベランダ床からサッシ下枠までの立ち上がり部の
寸法を120mmにするため、FRP防水層は、下地となる防火板の上端
までとし、サッシとの接触部にはシーリングしろを設けました。
バックアップ材を充填度、シーリングによってアルミ製サッシとFRPを
接着しました。窓台には、先張り防水シートを取り付けるなど、ベランダ
と立ち上がり部と窓台を一体とした止水面をつくるように心がけるの
です。サッシ下枠と外装材の間のシーリングだけに頼らない構造と
しました。J様は、長期間困っていたことが解決して助かったとおっしゃいました。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP