梅雨前の雨漏り修理のチェックポイント(渋谷区)

渋谷区のY様は、築浅の軽量鉄骨造ユニット住宅にお住まいです。
何度かブログで指摘しておりますが、最近築浅での漏水が多い印象を受けます。
Y様の場合は、1.2階の天井部分に雨漏りが見られるとのこと。
さらに床下への漏水もありました。天井の雨漏りと床下への漏水は、
どうやら侵入箇所が違うようです。調べてみると、妻壁のガラリ
(外部に対して目隠しをしながら換気ができるように、ドアや窓などにもうけた通気口)
上部のは破風金物との取り合い部分と、ガラリ面台の隅の2か所から
壁面への水の侵入が確認されました。破風金物部分から入った雨水は、
鉄骨柱・梁を伝わって1階床下へ落ちていきます。
柱を伝って2階和室の床にも漏水する可能性があることが分かりました。
ガラリ面台から侵入した水については壁パネルを伝って、2階アクセントカバー部分の
水切りから外部に出ていく構造になっているため、大量に雨水が流れ込まない限り、
室内に漏水することはありません。漏水の直接の原因は、シーリング
の施工不良でした。

軒の出不足
しかし、妻壁側の軒の出幅が短い設計であったことも
大きな原因の一つと思われます。壁面に雨がたたきつけられるような強風時
には、ガラリ上部にも雨が当たり、浸水します。一般的な住宅工事
では、専門会社が防水工事をするわけではないので、シーリングの
施工不良は起こりやすいです。Y様のケースでは、シーリングを充填
し直すだけにしました。
こういうケースを踏まえて、メーカーでは、ユニットの仕様を庇の出幅を
200mmから300mmに伸ばしたようです。
ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

 

PAGE TOP