毎年の梅雨から台風にかけての備えは今です。 目黒区Y様 

昨年は天候による大きな被害や建物への影響が多かったこともあり、年末から今にかけても様々なご相談や
点検等のお問い合わせを多くいただいております。

特に印象的なのは、梅雨どきの雨や、その後の台風 といった、毎年迎える、いわば慣れている環境と
大きく想定外のことが起こりうる ということに対する備えでもあります。
突風や突然の豪雨や、日々の湿気や逆の乾燥など。。。屋根や家の周辺では、この自然環境の影響であちらこちらから様々な物も飛んでくるのです。

先日も、雨漏りが気になるので自分で見てみたら、ちょっと外壁にヒビが見られた。
どこへ相談して良いのかわからないのですが。と目黒区のY様からお問合せをいた
だきました。
まずは私どもで無料の原因調査をいたします。とご説明し、後日お伺いしました。
確かに壁にはヒビが見られました。しかしそこには雨樋があったのでこれは、
と思い雨樋の集水器等を確認してみると、木の葉やゴミ、飛来物などがパンパンに
詰まっていたのです。詰まっていて流れない雨水は溢れ、ボタボタと勢い良い水量
となって一箇所へ落ちます。そこがちょうどそのヒビでした。
ヒビはそれによって大きくなっているようでした。
実は日本では統計上、4日に1度雨が降っているということなのです。まして近年の異常気象で
想像以上の風雨にさらされているのです。見えない箇所なので見落としがちですが、定期的な
メンテナンスで是非 雨樋のチェックもお忘れなく!

梅雨から台風にかけての備えは今

 

お気軽にお問い合わせください。