屋根修理[梅雨前に雨漏り修繕が完了]>中野区

雨降りが続いた時だけ窓に雨が染みると相談を受けて、現場調査してきました。
サッシから雨漏りする原因について考えられる事は、いくつかあります。

まず、窓枠のコーキングが劣化して剥がれたり隙間ができて雨水が侵入するケース。
コーキングは10年ほどで劣化してしまうので、まずここをチェックします。
それから窓の上に屋根がついている場合は、その屋根から水が入っていないかを見ます。
屋根と外壁との境目に隙間がないか、ひび割れや穴がないかチェックします。
また雨漏りと勘違いしてしまうのは、引き違いサッシの場合です。
強い雨風で横なぐりの雨の時は、引き違いの境目から雨水は侵入している事も考えられます。

556

そして中野のお客様のケースはこれに該当したのですが、窓周辺に配管や換気扇が通っている場合です。
雨降りが続き強い風が吹くと、雨が上から降ってくるとは限らず、
下や斜めからの巻き上げが起こります。
そのため巻き上げた雨水が換気扇から入り、壁の内部を伝ってサッシ上部に雨漏りを発生させていました。
換気扇のフードカバーを付け直し、劣化していた窓枠のコーキングを打ち直して雨漏りは止まりました。
雨降りが続く梅雨前に修繕が完了して安心しました。

★ドローンによる屋根調査のご相談もお待ちしております。
※LOVE STYLEでは国土交通省によるドローン飛行許可も取得済みですので安心してお任せください。