屋根修理[梅雨に入ってからでは遅い雨漏り対策]>中野区

隣家同士が密集した住宅街ではよくある事ですが、隣の建物が取り壊されると
今まで見えなかった外壁があらわになって、思いも寄らなかった建物の劣化に驚く事があります。
中野のお客様からもそんなご相談をうけ現場調査に伺ってきました。

ご相談のとおり、隣接していたお隣は更地になっており道路から壁面が丸見えになっています。
汚れが目立ち、長年に渡って太陽の光が当たらなかったせいでコケも生えています。
そして隣家からの雨水を被ってきたためか、下屋根とサッシ周りの劣化が激しく進んでおり、
いつ雨漏りが始まってもおかしくない状態です。
隣家の解体の際の振動など、ちょっとしたキッカケで建具がズレてしまう事もあるので、
お隣が更地になった事で住宅を見直すチャンスができて良かったと思います。

553_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_313

コケや汚れを洗浄し洗い落としてから下屋根の修繕とともに壁のクラックを補正します。
それに合わせて、今まで人目につかなかった窓も
防犯のために面格子を取り付ける事をご提案しました。
これによって劣化が始まっていた下屋根修繕と外壁の汚れも綺麗になったうえに、
雨漏り防止、防犯対策が一気にできたと喜んでいただけました。
これからやってくる梅雨前に、雨水侵入が疑われる場所が修繕でき安心しました。

★ドローンによる屋根調査のご相談もお待ちしております。
※LOVE STYLEでは国土交通省によるドローン飛行許可も取得済みですので安心してお任せください。