梅雨に備えて雨漏り修理(世田谷区)

さまざまな家の例を見てきましたが、施工期間短縮のためか
今まで当然施工されていたものが省略されている場合が少なくありません。
その事例の一つは、「水切りあご」を設けていないことです。
世田谷区」のW様のマンションもその事例の一つです。雨漏りは、
W様の上の住戸から侵入した雨水によるものでした。雨水の侵入箇所は、
壁面下端に設けた押さえモルタル(葉佩)の上部のひび割れ箇所でした。
モルタルで防水層の端部を押さえていたのに、モルタル上端部にひび割れが生じ
て雨水が侵入したようです。
補修では防水層をアングルで固定し、その上に「水切りあご」を設けました。
このように「水切りあご」が無い場合、雨漏りが発生する確率が
非常に高くなります。築10年ほどですと、押さえモルタルの上端部に
亀裂が入ったり、幅木の上端部のシーリング材に剥離が生じたり
して雨水が侵入しやすくなるのです。防水層の立ち上がり部分には
モルタルの付着を良くするためにラス(金網)を用いますが、
これがさびて破断するのです。
モルタル上端部ののひび割れがさらに広がり、侵入する雨水が増えるという悪循環に陥るのです。
改善策としては、K様も事例のように躯体とラスを機械的に固定するアングルを用いる方法を
提案しています。
ラスにはステンレス製を用い、アングルに取り付けます。さらにアングル
上端部にはシーリングを施しますが、この部分に水がかからない
ように別途水切りを設けるのです。
雨漏りはとても重大な欠陥です。
建物の現場は人で不足のためか早く、簡単に施工することが優先されるようです。
売れたら終わりではなく、建物をつくってから分かる不具合に目を向け、
雨漏りが発症しないおさまりや、耐久性を長くするおさまりを設計や施工に
盛り込んで頂きたいと強く思います。

水切りあご