雨の季節が来る前に窓周りの雨漏り修理(杉並区)

杉並区のE様から、ドローン屋根点検の際に、
バルコニーに面する窓の下枠から雨漏りがあると相談を受けました。
この部位はさほど今は気になるところではないものの、
今後雨の季節が来る前こそ修理しておくべきだとのお考えでした。
まったくその通りで、毎年梅雨に入ってからあわてて連絡をくださるお客様
はいますが、その時期は予約が込んでいてお待たせすることが多いのです。

E様のお住まいは、木造で、バルコニーはFRP防水を施してあります。
よく見てみると、どうやら、サッシ枠を先に取り付けてから、防水層を施工したようで、
サッシ枠下部分まで塗り込まれたFRP防水層の上にシーリング
処理が施されていました。しかし、FRP防水層の端部とシーリング
処理部分との取り合いが悪く、「浮き」が発生していました。
横殴りの雨の際に、雨水は侵入したようです。
基本的に、FRP防水で使用する防水樹脂は、サッシ枠に用いられている
アルミ材への接着が良くないため、防水層端部では、シーリング
材による処理が必要とされるのです。しかし、サッシ枠の
先端部分まで、防水材が付着すると、防水層の垂れさがりや
防水層端部とシーリング材との取り合いに不具合を起こし、水
密性の確保ができない場合があります。FRP防水層の見切りの位置は、
シーリング材との取り合いにおいて重要なポイントなのです。
このように、サッシ枠を防水施工以前に取り付けた場合、サッシ
枠裏側の防水層端部は、目視確認がしづらく、作業姿勢もとり
づらく施工に難航します。とはいえ、水密性を確保する上では非常に
重要なので、注意は欠かせません。特にFRP防水層の場合、
防水材の性質から、防水層端部の見切りを確実に行うことがポイントです。
施工に際しては、マスキングテープなどで養生を施し、
サッシ枠に防水材が付着しないよう配慮します。そして、適切な
場所で防水材を見切り、確実なシーリング処理を行うことが重要でしょう。

窓周り
ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP