屋根修理[瓦の凍み割れ]>新宿区

ハワイでも大雪が降るなど、世界中で異常気象が続いています。
関東では雪が舞うかと思いきや、来週から3月にかけては気温が上昇するそうです。
こんな時は寒暖差に注意が必要です。
特に積雪のある地域では、急な雪解けで屋根に積もっていた雪が落ちてくる可能性があります。

関東では今までほとんどなかった瓦屋根の「凍み割れ被害」も出ています。
寒冷地用の瓦と比べ、雪があまり降らない地域の瓦は雪に弱い傾向にあります。
昨年は新宿の建物でも、大雪が降ったあとの寒波によって、
水分を含んだ瓦の裏側が乾く事なく凍って膨張し瓦を内側から割ってしまいました。
劣化した瓦は1枚から交換できますが、凍み割れした瓦は次々に割れてしまう事もあるので、
こんなケースの場合は、実際屋根に上がらずにできるドローンによる屋根調査が適しています。

507_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4a1

大雪などの天災での雨漏りは、火災保険が適用されるケースがあります。
ただし、雪の前からの経年劣化が原因の雨漏りには適応されません。
この判断はなかなか難しいものですので、こちらまで一度ご相談ください。
ご自分で火災保険の申請する時間が無かったり、書類を書くのが大変という方のために、
申請代行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

★ただいま期間限定で無料にてドローンによる屋根調査を実施しています。
ただしドローンによる屋根チェックは雨・雪・強風の時は実施できませんのでご了承ください。
お受けする件数に限りがありますので、お早めのご相談お待ちしております。
※LOVE STYLEでは国土交通省によるドローン飛行許可も取得済みです

フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP