屋根修理[谷部分からの雨漏り]>中野区

中野の雨漏り現場に調査。今回は屋根の谷部分からの雨漏りです。
こちらの2階建て住宅は旗竿地に建っているため、屋根もL字型をしているのですが、
今回雨漏りしたのはL字屋根の谷部分からでした。
その形状から雨水が集中してしまうので、特にメンテナンスが必要な場所です。

屋根の形は様々です。
「切妻」イラストで書けるような三角屋根
「寄棟」4面に傾斜がある屋根
「方形」4方面に同じ角度で傾斜した屋根
「片流れ」片方だけ傾斜した屋根
「陸屋根」屋上がある真っ平らな屋根

屋根の形で建物の印象が変わるので、近頃は個性的な形状も増えています。
しかし形状が複雑になればなるほど雨漏りのリスクも高くなる事を考えなければなりません。

496_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2ed

屋根はシンプルに、必要のない物は付けないというのが理想的ですが、
こちらの旗竿地のような場合、屋根をL字型にせざるをえません。
そのため谷部分には落ち葉やゴミもたまりやすいのです。
日頃の点検とメンテナンスの大切さを改めて実感したケースでした。

★今回、期間限定で無料にてドローンによる屋根調査を実施いたします。
ただしお受けする件数に限りがありますので、お早めにお問い合わせください。