手すりの雨漏り修理(1)(世田谷区)

世田谷区のI様から、手すりの雨漏りが気になると連絡をうけました。
I様のバルコニーの仕上がりに不具合を認めたので、調べてみました。
サイディングやタイルの外壁とバルコニーの手すりの間に、
シーリングを施している住宅をよく見かけます。実は雨漏り防止が目的
ならこのシーリングは意味がないのです。サイディングやタイルの
内側までは雨水が侵入することが前提となるため、外部仕上げ材の
内側にある防水シートで切れ目なく防水面を形成することが重要な
のです。特に難しいのは、外壁に腰壁がぶつかる箇所の防水シート
の施工です。腰壁上面に張る防水シートは、壁の防水シートの下に
折り曲げて納めます。ところが、接合部の隅部分には防水シートが
重ならない「ゼロ点」ができてしまうのです。
このままでは、雨水の侵入箇所になりかねません。

手すり

対策としては次のことを提案いたしました。
それは、ゼロ点を中心に円錐状に捨てシーリングを盛る方法です。
また、バルコニーの壁面上面を覆う防水シートの施工についても、十分な雨漏り
対策がなされているか疑わしかったため、確認が必要でした。
さすがに直線部分で防水シートを継いでいる現場は皆無といっても良いのでは
ないでしょうか。
なぜならロール状の防水シートは直線であれば何メートルでもつくることができるからです。