野地板の含水が原因の屋根修理(杉並区)

野地板の含水というのは、分かりにくく、住まい手が自発的に気づくことはまずありません。
なぜなら、大雨がなくても徐々に水が侵入して後になってトラブルの元になった
という事例は少なくないからです。
柱や壁など構造部まで腐朽させて耐震性を低下させる恐れが生じる事例を
多数目にしてきました。
杉並区のH様の場合は、化粧スレートのケラバ部分が浸水した事例です。
ケラバ部の捨て水切り上で、土、埃が化粧スレートの尻部に詰まっており、
雨水が水切りからオーバーフローしたのです。その水が、釘穴を通して徐々に
野地板に染み込んでいくのです。実際、化粧スレート、アスファルトルーフィングを
剥がしてみると、野地板に浸水した跡がみられるのです。

野地板の含水

かなり屋根の中央側まで、跡が繋がっていることが確認できました。
登り淀(※)も劣化していました。化粧スレート下のアスファルトルーフィングが波打ったように膨れていたのですが、これは、屋根材を施工する前の熱、紫外線による劣化
と思われます。膨れている所の棟側には、あふれた水がたまります。釘があると
浸水しやすくなるのです。釘穴よりも棟側にも雨水浸水跡があり、毛細管現象に
よる浸水と思われました。そして、平部の野地板にも浸水が見られました。
大雨が降ると住み手は意識するのですが、わずかな雨、湿気が徐々に浸透していくと
このように湿った野地板から屋根層に継続的に水分が供給されることになるため、
後々思いがけないような惨事に見舞われるのです。

(※)破風板の上に取り付けられる品板と登瓦座を一つにした断面が台形または三角形の材のことを言う。
袖瓦や掛瓦を納める台の役割を果たす。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP