北側居室の雨漏り修理(世田谷区)

昨年の冬に比べて、積雪も降雨もなく、乾燥した日々が続いていますね。
こうした天候のためかインフルエンザが猛威を奮っているので、
我々も罹らないように体調管理にはいつも以上に気をつけています。
今回は、世田谷区の築20年の中古マンションに住むS様の事例です。
引っ越した直後から北側にある寝室の窓下腰壁が、湿っぽくて
カビまで発生して困っているとのことでした。

北側の部屋

そこで、仕上げと下地ボードを撤去してみることにしました。するとサッシ枠
周辺部分に断熱材が施工されていないことが分かりました。また、子ども
部屋の通風が不十分だったことも室内の湿気を十分に排出できていない
原因のひとつと考えられました。まず、サッシ枠周りの空洞部分に
発砲断熱材を充填しました。そして、寝室の出入り口となる扉に
空気の通り道となるガラリやアンダーカットを設けました。窓回りの断熱
について、プロに話を聞くと、本来なら窓回りの突き付けはサッシ取り
付け後に実施するけど、現実には施工手順の関係で先に吹き付けを行いこ
とが多いとのことでした。
その場合、サッシを取り付ける際にウレタンが邪魔になるため
一度全部取り除いてしまうのです。当然、サッシ枠周りへの
吹付が再度必要になりますが、施工を急ぎ、予算を抑えるため2度目の
断熱施工はなかなか実施されないのが現状だそうです。元々、窓下腰壁は窓面
やサッシ枠で生じた結露水がしみ込みやすい部分です。断熱不良箇所
があれば、カビが発生する確率は極めて高くなることもあって、これは
冬の季節にかかわらす、悩み事になっています。