屋上庭園の場合の雨漏り修理(渋谷区)

屋上緑化や屋上庭園は、緑の少ない都心のオアシスみたいな存在で
とても人気があります。
でも気を付けなければいけない点もあります。
先日、渋谷区のあるマンションの管理組合の理事長さん
から屋上に亀裂が生じている箇所があるので調べて欲しい、と依頼を
うけました。そのマンションは、築30年でそろそろ修繕を考えているとの
ことでした。調べてみますと、植栽をしているところと、していないところ
の境の防水層に劣化がみられました。まだ雨漏りはしていないそうですが、
近い将来雨漏りする可能性が大いにあります。防水方法はアスファルト防水
コンクリート押さえです。植栽している部分としていない部分とでは
温度変化の大小で防水層の膨張と収縮の度合いが異なります。そのため、
境目の部分で亀裂や破断を生じたのでしょう。また、紫外線による劣化
にも差が出てきます。コンクリートの中性化を測定したところ、植栽の
下のコンクリートは全く中性化していなかったのです。

屋上緑化

修繕方法として、屋上全面を植栽基盤で多い、その上に通路を設ける、
直射日光が当たらないようにプレキャスト板やデッキプレートで境界面
を保護するなどの方法があります。計画段階で、南面の日当たりが良い
場所に植栽部分との協会ができるような配置を避ける方法もあります。
と提案しました。この事例はマンションですが、戸建てリフォームで
コンテナなどを設置する場合も同じような現象が起こりますので、注意
が必要です。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP