3階建ての場合の屋根修理(杉並区)

杉並区のW様から雨漏りのご連絡がありました。W様のお宅は木造3階建てです。
最近は都内の戸建てといえば、3階建ては、非常にポピュラーです。
ところで3階建て住宅特有のトラブルがあるのです。

3階建て

それは軒天井と外壁の納まり部分からの雨漏りです。
この原因は3階建てになると吹上が予想以上に激しく、
軒天井と外壁を突き付けただけの納まりでは、雨漏りが
防止できないのです。防止するには、軒天井と外壁の間に先張りの
防水シートを張って、外壁の防水シートと連続させる方法がありま
す。しかし、「そこまでする必要はあるのか?しなくても雨漏りはしないのでは?」
と高をくくるプロが多いのが現状です。また、屋根裏換気のために軒天
井に取り付ける通気口も雨の侵入箇所になります。特に、不燃ボード
に穴をあけた通気口は、ボードの面積が広いため吹き上げた雨が
入りやすいです。樹脂製や金属製の幅の狭い通気口を軒の先の方に
取り付けることが防止策になります。
木造3階建ては、構造的に問題がなくても、雨漏り対策が甘い場合が多々見受けられます。
これが木造4階建てでは、さらに厳しく吹き上げに耐えうる雨仕舞
が必要になります。それなしに高層化が進めば雨漏りだらけの欠陥
住宅があふれてしまうことになりかねません。

ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル 0120ー494ー978

ご連絡お待ちしてます。

PAGE TOP