2019年5月

頑張っても報われない社会もある(某大学入学答弁)が話題です。梅雨の雨漏りを避けるために今からやっておきたい屋根点検(保土ヶ谷区)

社会学者の上野千鶴子さんが、12日の東大入学式で述べた祝辞が話題になっています。 「頑張れば報われると思えるのは、努力の成果ではなく、環境のおかげだったことを 忘れないでほしい」と頑張っても報われない社会があることや「性 ...

断熱材が通気を阻害して雨漏り修理 (八王子市)

八王子市のN様から雨漏りがするので調べてほしいとの依頼がありました。 調べてみますと、小屋裏の断熱材が適切なところに設置されておらず、 その結果通気を阻害して結露が生じていました。 屋根断熱の成功か否かを分けるのは除湿対 ...

瓦の破損による雨漏り 梅雨前に工事で安心を 目黒区S様

以前弊社をご利用された方からのご紹介 ということで 目黒区のS様からご相談のお電話をいただきました。 昨年に相次いだ大きな台風の後、部屋の何箇所かで天井に雨染みが見られるよ うになった。また、下から見上げてみると雨樋がゆ ...

雨漏り修理[瓦の修繕で安心して梅雨をむかえる]>中野区

屋根の瓦がズレて見えるので心配だと中野よりご連絡いただきました。 調査にうかがい遠くから屋根を目視しても瓦がずれているのが確認できます。 幸いな事に、今のところ雨漏りは発生していないというお話でしたが、 このズレを放置し ...

換気面積を満たしても雨漏り -2-(杉並区)

昨日の続きになります。 K様のお宅は、小屋裏の軒先周辺は天井断熱、吹き抜け部分は勾配に沿って 屋根断熱、棟の頂部は天井断熱となっているのです。 換気口として軒先と妻面に有孔板は設けてありました。しかし、妻換気は 軒先換気 ...

雨漏り修理[梅雨になると増殖するコケ対策]>新宿区

新宿の一戸建てにお住まいのお客様から、キリがよい築25年目をきっかけに メンテナンスのご相談をいただき実施させていただく事になりました。 現在は雨漏りなど、実際に困っている事はないのですが 25年間の外壁の汚れと見えない ...

換気面積を満たしても雨漏り -1-(杉並区)

杉並区のK様が築17年の木造住宅の屋根に太陽光発電を載せました。 それから1年たって太陽光パネルの点検業者に、 「小屋裏で雨漏りが発生しているので、瓦を金属屋根に葺き替えた方が良い。」 と言われたそうです。 そして、「改 ...

屋根修理[梅雨前のベランダチェック]>足立区

ベランダは紫外線や風雨を受け、洗濯物を干すために人が歩いたり プランターなどを置く場合もあり、常に厳しい環境にさらされています。 湿気や温度差によって防水層が劣化し、床や壁が収縮して亀裂が入り浸水しやすい場所です。 足立 ...

梅雨現場住宅の雨漏り修理 (世田谷区)

昨年の6月のことでした。世田谷区の住宅会社に頼まれて ある建設中の住宅現場の断熱材の内部の湿度を調べたところ、 86.1%に達していたのです。室内は46.9%だったので、断熱材内部の方が 40%高いことになります。 この ...

完成したばかりなのに雨漏り修理 -2- (杉並区)

昨日のブログの続きになります。 今回の問題点は、現場発泡ウレタンによる屋根断熱を施していたのに、 設計者が屋根通気の知識に欠けていた点にあります。 断熱材と野地板の間に通気層はあったものの、排気口となる棟換気や 野地面換 ...

ストレート屋根のコスパって? その2【豊島区】

一般家庭の屋根に多く用いられているストレート屋根は、人工的に粘板岩を模して作られた化粧ストレートという屋根材を貼り付けています。この化粧ストレート、以前は有害な「アスベスト」を使用したもの存在していました。2005年以前 ...

6 / 6« 先頭...23456

PAGE TOP