棟瓦劣化放置による落下の危険性!屋根修理を放置しないで!《調布市 R様邸》

棟瓦落下の危険性

調布市にお住まいのR様邸に屋根の修理に行って参りました。
写真でもお分かり頂けるように、特に棟瓦の漆喰の劣化が酷い事がお分かり頂けると思います。
手で触るだけで漆喰がボロボロと剥がれ落ちてきてしまいます・・・sweat01.gif

屋根の漆喰は経年劣化、風化していきます。
傷んできた時期にキチンと漆喰を塗り直したり、詰め直したりといったメンテナンスが重要であり必要になのです。
このまま棟瓦の土台を固めている漆喰が剥がれてしまうと・・・棟自体が崩壊してしまう危険性があり更に雨水が浸入して雨漏りが発生してしまい、最悪な場合強風時は瓦が落下してしまうでしょう。

今回は雨漏りが侵入していましたが大惨事には幸いにもなっていませんでしたので、部分修理や補修で済みました。

これが屋根全体に広がってしまうと、漆喰のメンテナンスだけでは済まなくなります。

ご自身が、何か気になるのであれば放置はせずにしっかりプロに確認してもらう事をおすすめします。
細かい劣化は一気に進行する恐れが多いに有り、劣化の状況により費用も左右されます。

当社は、現地調査も無料で行っております。 些細な不安点でもご相談下さい。

お電話にてご相談も随時受け付けております。

お問い合わせ先★https://www.lovestyle-tokyo.com/

フリーダイヤル★0120ー494ー978

PAGE TOP