雨漏り修理[室内結露編]>新宿区D様邸

冬本番です。寒くなりご家庭でも暖房器具を使うようになると、
決まって結露の問題が出てきます。
室内結露は時に雨漏りと勘違いするほど、建物にとって深刻な問題でもあります。

新宿のD様邸はコンクリート打ち放し住宅ですが、
室内結露にお悩みでご相談いただきました。
D様邸は外断熱工法がされずに、部屋の角が結露を起こしていました。
夏は暑く冬は寒い環境に、光熱費も高くなってしまったそうです。
しかし現在の外断熱RC住宅でしたら、断熱材で覆われるので、
暑い夏は涼しく、寒い冬も暖かく快適に過ごす事ができるようになっています。

SONY DSC

以前はコンクリート打ち放し住宅には断熱材は使われずに、
見た目の良さとは裏腹に、住人が我慢して暮らしているケースがほとんどでした。
このまま暮らしていると『建築物省エネ法』に引っかかり、資産価値が下がってしまう可能性があります。
『建築物省エネ法』とは、耐震の次に政府が取りかかっている建物基準法で、
2020年までに省エネ基準への適合を義務化していく事が決まっています。
外壁に断熱材を施したり、ペアガラスにして室内の熱を逃げにくくして、
空調設備で消費されるエネルギーを抑えると言ったものです。
今まで日本には建築物に関する省エネルギーの最低基準がなく、
コンクリート打ち放し住宅にも、断熱材を施さなければいけないという決まりは無かったのです。
先進国である日本も、省エネ住宅に対する考え方は他の国から遅れをとっていたわけです。

この『建築物省エネ法』によって、今後コンクリート打ち放し住宅は減少する可能性もあるので、
D様邸のように断熱材を施すリフォームで住み続ける事が、とても重要になってきます。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP