屋根修理[雨漏り防止編]>新宿区A様邸

坂の下という立地のA様邸ですが、坂の上から自宅の屋根を見る機会があり、
劣化が気になってきたという事で、リフォームのご相談をいただきました。
屋根を見てみると、屋根材の劣化はありますが下葺き材や野地板、垂木は傷んでいませんでした。
なので、A様邸の場合はカバー工法で工事を行います。
葺き替えと違い、既存の屋根の撤去がないので費用を抑えられますし、遮音効果も期待できます。

442_DSCN1139

●塗り替え
既存の屋根を塗装する。ただし屋根材が劣化していると塗り替えできない。
初期費用は安価だが、長い目で見ると割高になることも。

●カバー工法(重ね葺き)
新しい屋根材を、既存の屋根に重ねて施工する。
既存の屋根材を撤去する必要がないので、廃材は少なく省エネ。

●葺き替え
既存の屋根を撤去して、新しい屋根材にする。
屋根材の軽量化により、建物の負担を軽くできる。
既存の屋根の撤去費用がかかる。

屋根リフォームと言っても、このように色々な方法があります。
実際に屋根を点検させていただいてからご相談のうえ、修繕を進めていきます。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたら些細な事でもご相談ください。
現地調査・お見積りは無料です。
フリーダイヤル 0120ー494ー978
メールアドレス https://www.lovestyle-tokyo.com/form/

PAGE TOP