購入してすぐ屋根修理が必要?!中古物件購入で雨漏りトラブルを防ぐには【豊島区】

最近、中古物件の人気は年々上がってきています。値段的に新築物件よりお得ですし、海外のように中古物件を自分好みにリノベーションをすることを好む方も増えています。ところが、中古物件の人気が上がるに伴い、購入してすぐ雨漏りしたというトラブルも増えています。

購入する際、どういうところを確認すれば中古物件の雨漏りトラブルを防げるのか、今回はサッシまわりについてご案内いたします。

サッシ上面

窓のサッシと外壁の隙間を埋める、白くて弾力のある部分をコーキングと言います。コーキングはおよそ10年で経年劣化し、メンテナンスが必要だと言われています。10年ほどコーキングは弾力がなくなってボロボロと崩れやすくなり、隙間から雨漏りをする可能性があるからです。

 

コーキングが劣化しているかの確認方法は、コーキングを指でこすってみることです。硬く感じたり、消しゴムのかすのようにポロポロと剥がれたら、すぐにメンテナンスが必要です。

 

また、一般的には普通の窓より出窓の方が施工時の不良が多く、外に突き出ていて常に雨風にさらされるので、コーキングの経年劣化のスピードが速いと言われています。また、真近で見られないのでつい忘れがちですが、天窓のコーキングもしっかり確認してください。天窓のコーキングに不具合があると、その周囲の天井に雨染みができてしまいます。

家はとても高価な買い物です。なるべく経年劣化をしないよう、雨漏り対策やメンテナンスは定期的に行い、雨漏りを防止しましょう。もし、大切な自宅が雨漏りをしたら、その本来の価値を取り戻すまでに、時間と気力やお金を使うことになってしまいます。

 

今現在、ご自宅の雨漏り修理をご検討の際は、まずは、長年豊島区の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。