屋根修理 吹き替えの場合 目黒区H様

屋根の吹き替えを検討しているですが、というお問い合わせは目黒区のH様からでした。

詳しくお聞きすると、2Fの押入れの脇あたりに天井から雨漏りが発生し、あまりに心配だったので
屋根にはしごを使って登って見てみたところ、瓦が飛ばされている? 瓦の一部がなかったのです。。。
とのことでした。
そこは瓦がなくなっていて、その下のベース部分がむき出しになっていました。とのこと。
今年はとにかく突風が多かったせいか、瓦が飛ばされている!という緊急のお電話も、実は多くいただいています。
H様宅は築年数も古く、耐震性のことなども考え、この機会に吹き替えをと思い、業者をお探し中とのことでした。
早速伺って屋根を拝見すると、既存の屋根は瓦屋根の土葺きでした。
高台だったせいか、H様のご確認よりたくさんの瓦が飛ばされていました。
実は土葺きは経年によって土の耐久性が低くなっていくため、瓦が落ちやすくなる場合も
あります。飛んでしまった瓦部分は下地がむき出しになり、雨が染み込み易くなっていま
した。雨漏り予備部分が他にも見られたので徹底調査をいたします。

その後、H様から正式に依頼されましたので早速工事に入りました。
全ての瓦を撤去し、下地の土も全て取り除きます。そこにあった古い防水シートも外しま
した。その後下地調整をし、新しい野地坂を上に貼っていきます。
その上に新たな防水シート、そして金属屋根材を貼っていきます。
最後に棟板金を貼り付けて工事は完成いたしました。
新しく、環境にもよく、通気性もよい!屋根と生まれ変わり、H様も喜んでおられました。

屋根吹き替え

現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。