雨漏り修理[ドレン編]>足立区H様邸

足立のH様から、2階の窓サッシ下部分に雨染みがあるとご連絡いただきました。
すぐにでも直して欲しいとのご要望を受け、できる限り早めに現場調査。
さっそく2階窓近辺を調べてみると、外壁の下地板に雨水の垂れた跡が見られます。
しかし窓と外壁の取り合いに隙間やヒビは見られず、
すぐ上に位置するバルコニーも防水処置されていました。

原因はバルコニーのドレン(排水口)でした。
ドレンのすぐ横に隙間があり、そこから室内に浸水して2階の窓サッシ下に染み出していました。
降った雨水を全て受けとめるドレンは、非常に浸水しやすい場所なのです。
私たちに寄せられる雨漏り相談にも多いケースです。

332

バルコニーや屋上にあるドレンには主に縦引きと横引きの2種類の形があります。
いずれも、バルコニーや屋上の雨水を樋へ流している重要な役割を持っています。

H様邸のケースではドレンを取り替える事なく、
ドレンと樋と防水材が一体になった改修用ドレンの取付けにより、雨漏りが無くなりました。
バルコニーの防水加工と合わせてご依頼いただき、ご満足いただけて私たちも嬉しいです。