屋根修理 必ずベランダもチェックします。目黒区H様

実は長い間、なんとなく気になっていたのですが、見て見ぬ振りでした。。。
しかし、近頃何かと家のことが気になって、、、と目黒区のH様よりお問い合わせをいただきました。
その気になることとは、
雨が降ったあと、ベランダ床面が乾きが遅く、いつまでも濡れているのです。
最初は気にしなかったのだけれど、晴れたのになぜ?かいつも同じ場所が乾いていない??

特に今年多い台風の後などはひどく、ずっと水が引かない。でも、その他に気になる点や
影響などがないのでそのままにしていたのだが、ネットで弊社を知り思い立ってお電話をくださった
ということでした。
洗濯物を干す以外は特にベランダを気にする機会がないという方が多いのも事実。です。
ベランダをチェックするという習慣があまりない というのも通常ですよね。
早速、調査無料のご説明後にベランダを拝見させていただきました。
原因は、お話しを元に推測した通りでした。
やはりFRP防水層に開いたピンホールと、ドレンのつまりによる排水不良が原因とみられます。
その後、正式なご依頼を受けましたので工事に入りました。
床面は木質系ゼメント板にて増し貼りをしFRP防水を施し、ドレンを交換。
階下の天井には雨漏りなどの被害が及んでいなかったのが幸いでした。
と言っても、このまま放っておいたら間違いなく階下に被害が及んでいきます。
本当にこの時期に、事前に修繕ができ何よりでしたし、H様もホッと胸を撫でおろしていらしゃいました。

ベランダをチェック