屋根修理[トップライト編]>新宿区K様邸

新宿のK様邸では住宅のトータルメンテナンスを検討中でしたが、
トップライトから水滴が垂れてきたのをきっかけに雨漏り修理の相談をいただきました。
お話を伺い現場調査してみると、トップライトは大工さんが取り付けていったとの事で、
雨仕舞いが甘くなっていました。
その影響から板金に隙間ができ、ゴミや砂が入って水の逃げ道を塞いでしまったのです。

コーキングの打ち直しは応急処置には適していますが、またすぐに雨漏りが発生する可能性が高いので、
K様邸では下葺き材をトップライトの枠まで立ち上げ、水が入らないように防水テープでしっかり塞ぎ、
水切りという板金を入れ替えました。これで雨漏りは止まりました。

326

以前トップライトからの雨漏りで伺ったお客様は、
想像以上に太陽の光が眩しい事もあり、トップライトを撤去されました。
もう雨漏りを心配しなくていい、と喜んでいらっしゃいました。
トップライトは、天井からの明かり取りとして重宝されていますが、
ほとんど使っていなかったり、太陽の光が眩しいのを我慢して暮らしている場合は、
撤去してしまうのも一つの方法です。
当然ですが、屋根に異物を貫通させている状態から、穴が塞がれた一枚の板になったので、
雨漏りのリスクが少なくなります。