雨漏り・屋根修理はお早めに!?意外な場所からの雨漏り【豊島区】

雨漏りは一概に屋根に原因があるとは限りません。

「そんなところから?!」と意外に思うような箇所が原因の場合も多いです。

素人の方には気づきにくい場所の場合も多いので、何かおかしい、雨漏りかも?と感じたら、すぐに修理業者に確認してもらいましょう。

 

弊社は、ご相談やお見積もりは無料です。一番下にお問い合わせ先が記載してありますので、今、具体的にご心配がある方はお気軽にご連絡ください。

 

雨どい

 

本日は、屋根以外で雨漏りの原因になることが多い箇所についてご紹介いたします。

 

《その1 ベランダの笠木》

ベランダの「笠木」とは手すりの頂上部分の仕上げ材を指します。ベランダ以外には外階段の手すりにも用いられます。

 

この箇所の雨漏りの原因は、施工時に防水処理をしっかり行っていなかったことが多いです。風雨で笠木が劣化してしまい、外壁から雨水が侵入、住宅内部の柱や壁にカビが生えてしまいます。

 

放っておくと、柱が完全に腐食したことによる住宅倒壊の危険や、ベランダの手すりにもたれたら手すりが崩れて落下してしまうなどの可能性もあります。

 

《その2 外壁からの雨漏り》

経年劣化で出来た外壁のひびや亀裂から雨水が入り込み、壁紙や天井にカビやシミが発生することがあります。外壁から浸透した雨水で住宅素材が湿ってしまい、湿った木材が大好物のシロアリに食い荒らされる可能性もあります。

 

以前にお伺いしたお宅で、伺った時点ですでに倒壊寸前までシロアリ被害にあっていたというケースがありました。

 

そのような状況になってしまうと、住宅素材の工事まで必要になってしまうので、雨漏り修理と二次被害の復旧でかなり大規模な工事になってしまいます。

 

《その3 雨樋からの雨漏り》

あまり知られていませんが、雨樋からの雨漏りもかなり多いです。雨樋は屋根を流れる雨水を効率よく地面へ導くために設置されています。

 

ところが、経年劣化や落ち葉などのゴミ詰まりなどで水が流れなくなってしまった場合、雨水の侵入ルートになってしまいます。

 

あらかじめネットやシートを雨どいに張っておくと、ゴミ詰まりの防止になります。どちらもホームセンターでも売っているので予防のためにつけておくのもよいでしょう。

 

雨漏り修理をご検討の際は、まずは、長年豊島区の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。屋根の修理はめったにあることではないのでご不安なことも多いかと思います。私たちは、お客様の疑問にも丁寧にお答えし、安心して屋根の修理をお任せいただけるよう尽力いたします。

まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。