屋根修理[毎回ではない雨漏り編]>中野区H様邸

雨漏りのご相談を受けて、現場調査を行いました。
屋根に上がらせていただき調査してみると、屋根材の劣化やコーキング剥がれがあり、
そこからの漏水と判断しました。
H様邸では2年ほど前から2階の天井から雨水がしみていたのですが、大雨の時しか雨漏りしなかったので
今までなんとなくやり過ごしていたと言う事でした。

H様邸のように、雨が降ると必ず雨漏りするわけではなく、
雨漏りした時だけ洗面器やボールなどを置いてやり過ごしている方は意外と多い事に驚きます。
「雨が降るのは毎日ではないし…」「修理をお願いするのはなんとなく面倒…」
「修繕費がかさみそうで…」という声も聞きますが、
目に見えて雨水が落ちてきた時にはすでに、住宅内部には雨漏り被害が起きている可能性が高いのです。
長い時間をかけて雨水が天井や壁内部に染み渡って、やっと目に見えた時には
腐食やカビが広がっているという事例をいくつも見てきました。

320_CIMG0735

大掛かりな修繕工事で費用が心配…と、修繕をためらう方もいらっしゃるかもしれませんが、
釘が1本抜けていただけだったり、屋根材の浮きが1カ所あったなど、部分修理で済む事もあるので、
住宅維持のためにも、これからの生活のためにも、雨漏りを見つけたら
小さな事でも早めにご連絡いただきたいと思います。