屋根修理[瓦棒葺き屋根編]>足立区N様邸

足立で雨漏りが発生したという事で、現場調査に行ってきました。
築28年のN様邸は瓦棒葺き屋根で、2階の廊下天井部分がに雨染みができています。

N様邸の屋根は心木がボロボロになっており、野地板にも影響が出ていました。
釘も浮いていたので、台風などの強風で金属板が飛ばされる前に修繕できて良かったです。
野地板、心木を交換し、板金を新しくして完了です。

PENTAX DIGITAL CAMERA

そもそも「瓦棒葺き」とは、瓦を使っているわけではなく、トタンなど1枚の金属板を使う工法です。
一定の間隔で心木を入れる特徴(瓦棒)があり、
この瓦棒の間で温度変化による金属板の伸縮を吸収できます。
つなぎ目が少ないので、本来なら雨に強いはずの瓦棒葺き工法ですが、
この心木から雨水を吸ってしまうケースが多く、
金属板が釘で心木に固定されているため腐った心木から釘が抜けてしまう事があります。

現在では心木を入れずに両端を立ち上げた金属板に、瓦棒包み板を被せる工法が主流となってきました。
また、状態によってはカバー工法や部分補修も可能です。
ご予算によって様々な方法をご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。