屋根修理[ベランダが乗っている屋根編]>新宿区H様邸

新宿のH様より、ベランダが乗っている屋根の修繕ができるのを、
このブログで知ったとご連絡いただきました。
H様邸では数年前に屋根の塗装をしたのですが、ベランダの下は手つかずのままだったようで、
ベランダが乗っているから修繕自体ができないのだろう、と思い込んでいたそうです。
そういったお話はよく耳にしますが、そんな事はありません。
ベランダを取り除くのを面倒に思う業者が存在する事も稀にあるからかもしれません。
案の定、屋根はところどころ劣化や腐食が見られ、砂ぼこりや落ち葉も溜まっていました。

ベランダエアコンの室外機を設置されていたH様邸では、室外機を手すりに固定します。
そしてベランダの床面を全て取り除き、既存の屋根のトタンと野地を解体し撤去します。
新規の野地板を貼り、防水紙を施します。
瓦棒材を配置してガルバリウム鋼板を貼り、壁の取り合いに雨押え板金をします。
ベランダの床面を元に戻し出来上がりです。

318_DSCN1027

耐久性のあるガルバリウム鋼板で仕上げ、当分のあいだ修繕の必要がなくなり、
気がかりな事が無くなったとH様に喜んでいただけました。
ベランダが乗っているからと、屋根修理をあきらめている方も多いと思いますが、
手が届かないと思われる場所も丁寧に修繕できますので、一度ご相談ください。