破風板防水機能低下・屋根修理《調布市 T様邸》

防水加工 塗装調布市にお住まいのT様邸に破風板の修理に行って参りました。
土台自体には破損等は無かったのですが、塗装の剥がれが目立ちました。
防水機能が低下しているので、防水加工と塗装をし直すこととなりました。

破風板とは、雨の吹込みを防ぐ役割のものになります。
屋根の三角になっている面にあるのが破風になります。

破風板は劣化が早く、どんなに良い塗料を使用しても約5年ほどで塗装の剥がれが出てくると言われています。
木材は水分を吸ったり吐いたりと膨張と収縮を繰り返しているのです。
塗膜が劣化すると、雨水を吸収しやすくなり木材を腐らせる原因となってしまうので、早めに再塗装をすることをおすすめします。

木材系、金属系、窯業系で修理コストも変わってきますので、お願いした業者としっかり話あってくださいねicon_biggrin.gif

台風も多い時期、メンテナンスや被害防止は重要です。