棟板金の釘が浮きから始まった雨漏り《厚木市 S様邸》

厚木市にお住まいのS様邸に雨漏りの修理に行って参りました。
電話でのお問い合わせは、全体的に屋根の釘?か分からないがベランダから除いたときに錆びているとの事で、キチンと確認して欲しいとの事でした。
釘穴から雨漏りお伺いしひて確認してみると、棟板金の釘が浮いておりサビが目立った状態でした。
早速棟板金を外して中を確認してみると、雨水が侵入しており、このまま放置してしまうと屋根全体に被害拡大してしまうので、S様とご相談をし棟板金の交換修理をすることにしました。

釘浮きの代表的な原因は、経年の温度変化や、釘が打たれている木材の劣化、強風等などがあげられます。

ただ、下屋根のには防水シートが必ずあるのでまず簡単には家の中までは浸水しません。
しかし、浸水の危険が高まるのは、築年数が約20年を越えている場合や、防水シートの劣化が進んでいる場合です。

防水シートの劣化具合などは、ご自身で確認は大変難しいですよね・・・