今こそ屋根修理チェックの時期です。目黒区Y様宅

今年の特徴を省みてみると。。。
実は、気温差の大きいのが今年の春の特徴でした。が、想定不可能の猛暑が続いたのが今年の夏。
それは、春は穏やか、ではなくなっていて、また、四季を愛でる場合ではないほど深刻な自然環境。
つまり、
暖かい南風の突風や、気温差のある北風。突然の雨や、日々乾燥や湿気など。
屋根や家の周辺では、この自然環境にさらされているのと同時に、あちらこちらから様々な物が飛んでくるのを
ご存知でしょうか。

先日、雨漏りが気になるので自分で見てみたら、ちょっと外壁にヒビが見られた。
どこへ相談して良いのかわからないのですが。と目黒区のY様からお問合せをいただきました。
まずは私どもで無料の原因調査をいたします。とご説明し、後日お伺いしました。
確かに壁にはヒビが見られました。しかしそこには雨樋があったのでこれは、
と思い雨樋の集水器等を確認してみると、木の葉やゴミ、飛来物などがパンパンに
詰まっていたのです。詰まっていて流れない雨水は溢れ、ボタボタと勢い良い水量
となって一箇所へ落ちます。そこがちょうどそのヒビでした。
ヒビはそれによって大きくなっているようでした。
実は日本では統計上、4日に1度雨が降っているということなのです。
しかし、特に今は雨不足でぴんとこないかもしれません。。が、まして近年の異
常気象で実は想像以上の風雨にさらされているのです。見えない箇所なので見落としが
ちですが、定期的なメンテナンスで是非 雨樋のチェックもお忘れなく!

屋根修理は今

現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。