サッシ枠からの雨漏り修理>大田区A様邸

雨漏りが心配だから見て欲しいとA様より連絡をいただき、現場調査。
A様邸では1階廊下の天井に雨染みの跡が見られました。
すぐ上にベランダがあり、ベランダの角には水がたまった黒い跡が確認できます。
サッシはベランダ床との高さの差がほとんど無く、ベランダ面のサッシ枠からの雨水侵入が見られました。
この立ち上がりを高くする事は難しいので、壁の立ち上がりに下地板を取りつけて防水です。
水たまりの黒い染み跡のついたベランダ床も修繕しました。
笠木や貫通部分のシーリングも劣化していたので打ち直し、
ゴミや砂、剥がれた塗膜が詰まった排水口も綺麗に掃除して工事は完了しました。

308_DSCN0992

増改築を繰り返したり、生活に都合のいいようにDIYする事によって、
雨水が不自然に室内に流れてしまう事があります。
ベランダ部分を1階屋根の上に後から増築して、2階の窓と微妙に高さが合わなかったものの、
開け閉めに支障がなかったため、そのまま生活されていると言う話も聞きます。
屋根やベランダなど直接雨が当たる場所は特に、増改築する前にこちらまでご相談ください。