スレート屋根の劣化で屋根修理(杉並区)

杉並区のY様から、「屋根が老朽化して
いるようで雨漏りする」、という連絡が入りました。
Y様のお宅はスレート屋根でした。
調べてみますと、まず、「棟包み板」が緩んでいるのを確認しました。
ここが雨漏りの大きな原因の一つと思われます。それから、
スレート屋根自体の塗装もした方が良いでしょう。
「外観を気にしないのであれば塗装は必要ない」と
言われる方が多いのですが、そんなことはありません。表面の塗装は美観
だけでなく防水の働きもしていますから、塗装が剥げれば、当然雨水が野地板へと染み
込み屋根裏に伝い、結果雨漏りという現象が起こります。スレート屋根にカビが生えてたり、
釘が抜けたりしていれば直ちに補修が必要です。
もちろん張替えてしまうのも手ですが、金額を安く抑えたい、工期を短くしたい、
ということであれば塗装をするのが良いでしょう。今回は、S様は、「棟包み板」
の補強、スレート屋根の塗装をされました。そして、それに加えてメンテナンスと
して、「縁起り」という作業も追加されました。
「縁起り」とは、スレート瓦の重なり部分に隙間を開け雨水を逃せるようにすることです。
この隙間を塗装によって埋めてしまうと、逃れるはずの雨水が逆流し、野地板や天井裏へ
と伝い雨漏りの原因となってしまうので注意が必要です。