梅雨入り前に屋根修理>足立区O様邸

雨漏りで困っているので、なるべく早く来てください!とO様からご連絡があり、
急いで調査。1階の天井に雨漏り跡が見られます。
屋根に上ってみると谷樋に穴が空いており、ここから雨水が侵入と確認しました。

244

谷樋とは屋根と屋根が谷状に取り合う部分で、雨漏りが多く見られる部分です。
谷に屋根に落ちた雨水が集中して流れるので、雨水侵入に注意が必要になります。
谷樋板金のゆがみや劣化で水がたまってしまい、雨水がスムーズに流れなくなったり、
サビや劣化で穴が空く事もあります。
また、勾配が緩い時は台風など強風で雨水が吹き上げられて逆流し、
瓦の隙間から雨漏りしていた例もあります。

O様邸は瓦屋根で谷樋に銅板が使用されていました。
この柔らかい銅板に、瓦からの水滴が長年集中し穴を空けていたのです。
近年ではガルバリウム銅板が主流になっていますが、
瓦屋根の住宅では銅板を使用している事が多いので、雨漏りの場合は銅板の劣化を疑います。
ただ銅板を使用している住宅でも、下地の防水シートがしっかり浸水を防いでいるので
必ず雨漏りするわけではありません。
防水シートを丁寧に、重ね目や水の流れる方向を考える事が重要になってきます。
「梅雨入り前に修理していただけて安心しました」とO様も喜んでいらっしゃいました。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。