コンクリートの軒天から雨漏り《調布市 K様邸》

コンクリ軒天劣化今回はコンクリート造りの軒天の修理に行って参りました。
調査のご依頼があったのは、軒天の隙間から雨も降っていないのに水が沢山出てきたとの事でした。
現場に行き確認したところ、写真の通りヒビ割れや負傷が原因です。

コンクリート構造物は一般的には50年から60年と言われています。
しかし、ひび割れや防水機能の低下により、耐久年数より劣化が進んでいるケースもあるのです。
何らかの原因でK様邸の軒天も酷く劣化してしまったと考えられます。

コンクリートの劣化原因はさまざまですが、塩害、凍結、乾燥収縮や根本的な施工不良などがあげられます。
放置しても悪くなっていくことはあっても良くなることはありません。
また雨水が入ったり、建物の膨張、収縮などで幅は大きくなったり、深くなったりします。

どちらにしても、コンクリートの中の金属まで劣化してしまうと大変です。
すぐに修理。