サッシから雨漏り>日野市A様邸

A様邸では外壁のメンテナンスと塗装を行っていますが、
2階の窓あたりに湿った感じがある、という事で同時に雨漏り調査も行いました。
外から見てだいたいアタリをつけていたのですが、やはり2階のサッシ周りの木枠が原因でした。
木枠と外壁の間から雨水が入り、サッシの防水テープの隙間から雨水が侵入したと見られます。

A様のご主人が何回がDIYで木枠の塗装をやり直したという事でしたが、
木枠の中は腐食が進んでおり、手で触るとボロボロ崩れ落ちてきます。
「この窓は洗濯物を干す事もないので、柵がガタガタするのは知っていたけど放置してしまった。
まさか雨漏りするとは」とA様もビックリしていました。
木枠はまだ腐食していない上半分を残し、下の部分だけ新しい木材でピッタリサイズです。
塗装も同じ茶系で塗り直しました。
サッシの防水テープもやり直したので、これでもうサッシからの雨漏りの心配はありません。

PENTAX DIGITAL CAMERA

A様邸のように外壁のメンテナンスと塗装に加えて、雨漏り修理を依頼される方が多いのは、
足場が一度ですむため費用を抑えられる事ばかりでなく、1カ所メンテナンスしたら
他の経年劣化した所が目立って気になってきた、という方が多いからだと思います。
もちろん、今回は雨漏りだけ止めてもらえればいい、という方もいらっしゃるので、
お客様とご相談しながらご要望に答えていきます。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。