突然の雨漏り どこに言えば? 品川区A様

雨漏り というとイメージするのは、、
ポタポタと天井から水滴が落ちてきて、その箇所にはシミが、、、
慌ててバケツや洗面器を下に置く??漫画や昔のイメージでは確かにそうです。
でも今の建物の構造、技術の変化から見ると目に見える雨漏りは少なくなってきています。
つまり目に見えないところで被害が進行していたり、気付きにくくなっている場合があるのです。

品川区のA様からのお問い合わせがその例でした。
築後間もないのに、壁が触るとじわっと湿っている!?気になっていたのだが新築ってこうなのだろうか。
まさかと考えそう思い込んでいた。でもこれはおかしいと思って。
設計会社、建築会社、大工さん、、誰に言えば良いのか  教えてください。とのことで私どもへ
お電話をいただきました。
そこで私たちはまずはお伝えいたしました。
雨漏りの調査は、いわゆる水の道 をわかっている業者に頼み、正確な原因を
追求し、そして的確な修理工事を行うことがとても重要です。
後日依頼をいただき、早速無料調査を行ったところ、屋根の雨仕舞いの不良が
確認されました。
入る雨水を外に排出する役目、そして防水して水を浸透させない。この2つが適した種類の素材で
適した工法がされていないと、雨漏りとなってしまいます。最近の荒れた天候が多かったせいで
不具合が表に出た様です。
しかし不幸中の幸い。梅雨シーズン前の空気の乾燥した、風通しの良いこの時期は、修理にとても
適した時と言えます。また、早く気づいて直せることができ、安心を取り戻せた結果となりました。

私たちの雨漏り調査は無料で行います。
上記のように参考に、念のため、などでも大丈夫です。お気軽にご依頼ください。
何より、大事なマイホームを知るために役立った。と多くの方に喜んでいただけています!

新築なのに雨漏り

現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。