屋根修理塗装・経年劣化対策《江東区 K様邸》

屋根塗装劣化江東区にお住まいのK様邸より、そろそろ、メンテナンスと屋根の塗装を塗り替えたいとご依頼を受け行って参りましたicon_razz.gif
早速屋根の状態を確認したところ、特に雨漏りもしておらず目立った外傷も有りませんでした。
塗装を希望されておりましたので屋根の塗装状態を確認してみると、写真のように手でこすってみると塗装の表面が簡単に剥がれてしまいます。
K様のご要望通り、塗装の時期なのです!!
このように、表面を手でなでると白いチョークのような粉がつく現象をチョーキングといいます。
紫外線などで劣化が進んだ状態であり、塗膜表面の防水機能が劣化しはじめたサインなのです。

屋根の耐用年数は、使用している屋根の材質や塗料などによっても異なります。
一般的には、約30年に1度の葺き替え工事と、約10年に1度の塗り替えが望ましいといわれています。
しかし、その目安に達していなくても、問題が生じている場合には早めの点検や修理が必要なのは言うまでもないです。

塗装が必要なのは、塗膜によって防水機能を強化させることが目的です。
防水機能がなくなると、雨風や紫外線が直接当たって建物内部に侵入してきてしまいます。
そうなってしまうと、家全体が傷んでしまう原因に繋がるのです。