軒天雨漏り修理《所沢市 I様邸》

強い雨の後に、軒天から雨がドバっと出てきたとご依頼を受け確認、所沢市にお住まいのI様邸に行って参りました。
確認したところ、軒天のベニヤ板が雨水や湿気により剥がれ落ちており、たるんでしまっていました・・・
軒天雨漏り修理軒天の剥がれにはいろいろ原因が考えられます。
シミが確認される場合、屋根等からの雨漏りがあり、内側から軒天のスレートが腐り落ちてしまう場合や破風の劣化により固定していた箇所からズレておちたり、強風や大雨がとどめをさしてしまう場合などです。
このままの状態を放置しても、いいことは一つもないです。。

今回こうなってしまった原因は軒天の真上の屋根の劣化に有りました。
金属屋根の箇所が劣化して、屋根から雨漏りが発生してしまったのです!!
この関係が一般の方には、わからないので、軒天だけを修理希望されることがあります。
しかし、それは原因を解決していないので、再発してしまいますしお勧めできないと言えます。
I様には、軒天を解体し雨染みや構造材の傷みの様子を見せながら屋根も修理しなくてはいけない旨をお伝えし納得して頂けました。