中古で買った一戸建てが雨漏りしたら?【板橋区】

最近は、不況のあおりで新築の戸建てやマンションの需要は芳しくありません。しかし、逆に中古住宅やマンションの需要は年々高まっています。なかでも、築20年程度をすぎると急激に値下がりすることから、リフォームすることを前提に購入する人が増えています。

 

とはいえ、購入した家があちこちガタがきていて、結局リフォームに莫大な費用がかかったら本末転倒です。そして、特に、中古住宅の購入後に、購入者と販売業者との間でトラブルになりやすいのが雨漏りです。中古の住宅の購入を考えている方は、ぜひ、雨漏りしていないかの確認を念入りに行ってください。

218

環境や気候などで条件が異なるので一概には言えませんが、一般的にはストレート屋根は10年ごとにメンテナンスが必要と言われています。物件を見学に行った際に、屋根に苔が生えていたり、全体的に白っぽくなっていたりしたら、メンテナンスの時期のサインです。購入後のリフォーム時には、屋根の塗装の塗り直しが必要になる可能性が大きいです。

 

築10年程度であれば、壁紙やフローリングを張り替えたり、業者がクリーニングをするだけで、室内は新築に近い状態に見えることも多いです。そのため、特にメンテナンスは必要ないと思って購入し、実際はすぐに雨漏りをしてトラブルに発展する・・・というケースが多いようです。

 

また、震災後に太陽光発電のパネルを屋根に設置する方が増えましたが、残念ながら杜撰な設置をする業者が多く、屋根の寿命を縮めてしまっているケースが大変多いです。太陽光パネルが設置してある家は、特に念入りに屋根の状態を確認してください。また購入時に、施工業者や保証内容なども確認しておくとよいでしょう。

家はとても高価な買い物です。なるべく経年劣化をしないよう、雨漏り対策やメンテナンスは定期的に行い、雨漏りを防止しましょう。もし、大切な自宅が雨漏りをしたら、その本来の価値を取り戻すまでに、時間と気力やお金を使うことになってしまいます。

 

今現在、ご自宅の雨漏り修理をご検討の際は、まずは、長年板橋区の屋根修理の実績がある、LOVE STYLEへご連絡ください。私たちは、まず無料診断をして、必要なところだけ修理のご提案をさせていただきます。