カバー工法で屋根修理>足立区F様邸

屋根リフォームの際に悩むのが、葺き替え又はカバー工法にするかという問題です。
将来建て替えの予定がある場合や、ご予算によって考えてみるといいと思います。
屋根を見せていただき、野地板や既存屋根の劣化状態によってはカバー工法を行えない事もあります。
カバー工法は簡単に言うと屋根が二重になるという事なので、
既存屋根の劣化が激しいと、その重みに耐えられなくなり状況が悪化してしまいます。
また、次回のメンテナンスの際には三重のカバー工法というのはなく、
二重になっている屋根を撤去しなければならない事も、念頭において計画してみてください。

224_CIMG0682

築26年のF様邸で雨漏りが発生したとご連絡いただきました。
できる限り急いで現場調査に伺います。

スレート屋根のズレからヒビが入り、雨水が侵入していました。
アスベストが含まれているスレート屋根は、葺き替えすると処分にお金がかかってしまうため、
今回はカバー工法で修繕していきます。
カバー工法とは、既存屋根の上に防水シート、金属屋根材を張っていく方法で、
葺き替えより費用が抑えられるうえに、工期を短くできます。
また強度が強くなり、断熱・防音の効果も期待できます。
F様にも「相談にのっていただきながら安心してお任せできました」とご満足いただけました。

雨漏り・屋根修理についてご質問がありましたらお気軽にご相談ください。