高気密住宅の施工不備・・・屋根裏が大変。屋根修理《所沢市 I様邸》

所沢市にお住まいのI様邸より家の中が臭いとご連絡を受け調査に行って参りました。
早速家中を確認してみると・・・
雨漏りの怖さ屋根裏まで雨漏りが発生しており、カビtが発生していましたicon_eek.gifsweat01.gif
原因は高気密住宅ではないかと考えられます。
また、残念なら主に施工不備のせいではないかと思われます・・・。
施工不良または手抜きをした場合です。
家を建てる際に、職人の理解不足により、写真のような状態になってしまう場合があります。
なんと、I様邸は築6年のまだ新しい住宅なのです。
ここ数年、急速に省エネに伴い、住宅の高気密高断熱化が増えましたが、 断熱気密方法の技術不足とその認識不足によって結露が発生しさらにカビの発生や木材の腐朽そして最悪健康被害などの事例も実際発生してきているのです。

室内で常に発生している湿気や化学物質等もその空気と一緒に閉じ込めてしまっているのではないかと言われています。
昔の家は隙間だらけで常に換気されていましたが、現代の密閉された住宅では湿気も行き場を失っているのです。
日本ならではです。