瓦屋根・棟の歪み修理《江東区 I様邸》

下から見上げたら、屋根の一番上の部分が歪んでいる様なので確認して欲しいとご依頼を受け行って参りましたicon_razz.gif
瓦屋根修理確認してみると、確かに棟の部分が歪んでおり今にも崩れてしまいそうな箇所がありました。
のし部、大棟、冠部と瓦屋根の一番高い位置の箇所が経年劣化により大きく歪んでいました。

雨漏りなどはしていませんでしたが、気候や天候などにより漆喰が剝れてしまったのが原因です。
今回はこのままですと、崩れ落ちてしまう危険性があるので、漆喰をきちんとして、瓦と瓦の間のシーリングも施工し雨漏り対策も万全に致しましたicon_lol.gif

屋根工事の本来の目的は、「お住まいの寿命を伸ばす&二次被害を防ぐ」ことです。
屋根のメンテナンスをずっとしないでいると・・・屋根の破損箇所からの雨水が浸水にし、大事な柱が腐ったり・・シロアリの巣になったり・・
二次被害の恐れが高まります。
いずれ、ご自身の身体にも影響を及ばします。