雨漏りを絶対に放って置かないで 藤沢市T様宅

雨漏りを絶対に放って置かないでください。
「雨の時期は大抵雨漏りがするので憂鬱なんです」というお問合せをいただいた
藤原市のT様に私たちがお伝えした言葉です。
天井などから落ちてくる雨漏り。この雨水はどこから来ているのでしょうか。
侵入口は屋根、ベランダ、サッシなどですが、その侵入口から必ずどこかを経由して
天井に達しているわけです。
ということは、柱や梁や壁が雨水の通り道になってしまっているわけです。
じわじわと腐ってしまったり強度を保てず地震に弱い家になってしまう。
ポタポタと漏れてくる時にはすでに染み込んだ雨水を吸収しきれない状態になって
漏れてくるのです。だから、絶対に放って置かないでください。ということなのです。
そして雨漏りの原因ですが
やはり1番は建物の老朽化です。しかし、間もない家なのに雨漏りが発生することも
時に起こります。この場合は、窓、換気口などの開口部の防水処理が適切に行われて
いないことが考えられます。
早速、T様宅を拝見すると、老朽化が原因とみられ、屋根に問題があると確認できました。
屋根瓦がずれて一部は飛んでしまっていました。その部分の防水シートがむき出しになり
日射や風雨によってさらに痛みは著しく低下します。
聞くと、雨の時期には雨漏りが、、と気になりだしたのは1年ほど前からとのこと。
このまま修理をしなければ、飛んでしまってなくなった瓦部分の周りからさらにずれや
劣化も起こり、その結果、屋根だけでなく家の中でも大きな被害となるところでした。
瓦を修理したことでT様はメンテナンスの大切さを痛感しました。とのことで、私たちも
一安心いたしました。

飛んだ瓦

お気軽にお問い合わせください。